カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

みかん作りで大切な剪定

みかんを美味しく作るには、毎年成らせないといけません。

なぜかといいますと成りが少ないと皮が厚くなったり、

変な格好になったりして、おまけに味も糖度の低い

みかんができてしまうのです。逆に多く成らせると

養分が不足して小玉のみかんになってしまいます。

そこで剪定で芽と花のバランスを整えると

毎年、品質の安定した美味しいみかんができる

というわけです。

剪定には、技術が要りまして翌年、さらに再来年の

ことも考えて切らなければなりません。

ちなみに私は、日本一といわれる篤農家に20年以上

も学びそこそこ毎年安定して成らせることができる

ようになりました。

剪定の時期は、2月〜4月くらいまでですが

これだけはちゃんとしようと心がけています。

剪定の様子